プリザーブドフラワーの購入について詳しくなろう

店内

特徴として

まずプリザーブドフラワーを利用もしくは、購入を考えている人や、知らない人に知ってもらうためにもプリザーブドフラワーの特徴として、どんなメリットや特徴があるのかを知っていただきたいです。
プリザーブドフラワーというのは、生きたお花を特殊な技術、手法を使って加工されたもののことです。
生花のように柔らかい風合いであったり、美しい色合いを長期間保てるように作られた斬新なスタイルのお花です。
本当に保存状態が良ければ5年から10年もつものあると言われています。生花や観葉植物の場合1日でも長くその鮮やかさやキレイなままを保とうとすれば、水やりや水換えは絶対に必要であり、それをきちんと行なった場合でも1ヶ月保つのは至難の技であり、難しいことです。
そのプリザーブドフラワーは水やりは水換えの世話が全くいりません。むしろ絶対にあげてはいけません。
特殊な製造工程で一輪一輪作られているため、確かに生花などとは、少し高価なものでありますが、その魅力的な特徴、鑑賞として長く保存して置いていける点から、最近では非常に人気で自宅のインテリアやお店でのディスプレイとして購入する方も多いようです。お世話になっている方へのギフトとして母の日、結婚式、長寿の日、誕生日出産祝いなど、多彩な場面で贈られる方が増えてきています。
取り扱いの方法としては高温な場所や湿気が多い場所、また良くエアコンをかけており風などが当たりやすい場所などは避けておいて下さい。また直接、手で触れることも厳禁です。プリザーブドフラワーはとてもデリケートなのです。